Super Recycle Corp. 金属スクラップ買取のスクラップ価格ドットコム最新の市中金属スクラップ価格をタイムリーにお届け。スクラップ価格.com

査定/分析依頼 各種お問合せ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
法人企業様対象 創業80年/買取実績1万件以上 日本全国対応

金属スクラップ買取 豆知識

レアメタル
スクラップ買取と言えば!パラジウムの需要と価格をご紹介
2018.12.29

代表的な貴金属で日本では白金とも言われるプラチナ。
それより安価でありながら、プラチナの代わりとして需要、価格が高騰している貴金属があります。
それがパラジウムです。
主な原産国はロシア、南アフリカ共和国で全体のシェアの80%を誇ります。
今回はそんなパラジウムの需要と価格についてご紹介します。

パラジウムの需要

さてまずはパラジウムの需要から見ていきましょう。
プラチナ同様にパラジウムの一番の需要は自動車の触媒になります。
ただこの2つの貴金属で違いがあるのは、触媒として使用される車の種類です。
プラチナがディーゼル車、パラジウムがガソリン車の触媒として使用されます。
2016年のデータから見ると自動車触媒として使用された2つの貴金属には大きな差があります。
具体的にはプラチナが102トンでパラジウムが229トンです。
2倍以上の差が生まれましたがその理由は先程の車の種類です。
プラチナの使われるディーゼル車は排気ガスの問題もあり、最近は手放す傾向にあります。
ですので需要も減ってしまいました。
それに合わせてガソリン車、EV車の需要が高まっています。
その分、パラジウムの需要も出てくるというわけです。

パラジウムの価格

プラチナと比べ安価で需要が高いパラジウムですが、その価格はどのように推移しているのでしょうか?
1977年から2017年までの30年間のプラチナとパラジウムの価格を見てみるとほとんどの期間でプラチナのほうが高価になっています。
その理由はこれら2つの需要に関わります。
2016年のデータを見るとプラチナはその需要の60%が自動車などの産業によるものです。
その他は投資などの目的で売買されているので、政治的イベントなどで価格の変動が不安定に起きてしまいます。
一方でパラジウムはその90%以上が産業需要という特殊な貴金属です。
ですので中国などの新興国の経済成長に支えられその価値を高く保っています。
近年はその傾向が顕著で価格は上昇傾向にあります。

おわりに

今回はプラチナの代わりとして市場価値の高まるパラジウムの需要と価格をプラチナと比較し、ご説明しました。
パラジウムは大部分が産業に使用され、安定して価値を高く保っている貴金属です。
また使用される車の種類の違いもおわかりいただけたでしょうか。
パラジウムという貴金属についてなんとなく知っていただけという方も今回の記事を参考にプラチナとパラジウムの違いについて知っておきましょう!

スクラップ価格ドットコムの高価買取の理由

  • 高度な分析力で圧倒的な金属の回収率
    これが高価買取の大きな理由
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。
  • 買取から販売まで自社一貫体制
    中間コストをカットし買取価格に反映
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。

運営会社情報

運営会社名
代表取締役
新崎 哲雄
資本金
1,000万円
取引銀行
三井住友銀行 芦屋支店
商工中金 神戸支店
尼崎信用金庫 神戸東支店
営業種目
金属資源リサイクル業(兵庫県公安委員会:第1310800003号)
古物証許可(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
自動車商(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
毒劇物一般販売業(神戸市191TA1023号)
産業廃棄物収集運搬業
飲食店営業許可
酒類販売業許可
営業品目
金属リサイクルコンサルティング業
貴金属全般(金・銀・プラチナ その他貴金属類)販売買取業
非鉄金属全般(アルミ・銅・ステンレス・真鍮 鉛 錫 その他非鉄金属類)販売買取業
レアメタル全般(ニッケル・コバルト・チタン タングステン 超硬 その他レアメタル類)販売買取業
貴金属地金販売買取業
宝飾品・ジュエリー販売買取業
アンティークコイン販売買取業
アンティーク家具・雑貨輸入販売業
ビンテージオートバイ・ビンテージカー輸入販売業
歯科用貴金属材料買取業
毒劇物一般販売業
カフェ・レストラン・バー等の飲食店の経営
会社沿革
1940年代個人商店(新崎商店)として、新崎真悟が金属リサイクル事業を開始。
2002年新たにレアメタルの取り扱いを開始。現代表 新崎 哲雄が有限会社エスアールシーを設立。
2005年事業拡大に伴い、株式会社へ組織変更。
2007年新たに貴金属リサイクル事業・地金取り扱いを開始。貴金属事業部:神戸ゴールドバンク発足。
2010年超硬リサイクル事業部(超硬ドットコム)サービス開始。
2013年ニッケルコバルトリサイクル事業部(ニコニコメタル)サービス開始。
事業拡大のため、六甲アイランドに事業用地を取得。六甲アイランドベース開設。
2018年アンティーク家具・雑貨事業部(Kobe Antique Warehouse)サービス開始。
レアウイスキー、クラフトビール販売サービス開始。
2019年歯科金属リサイクル事業部(シカキン)サービス開始。
2021年本社を芦屋市公光町へ移転。春からビンテージウイスキー販売事業開始予定
アクセス
六甲アイランドベース(受け入れヤード)
〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-7-10
六甲アイランド工業団地北入口前
東京営業所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング4階 S-07
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
ページの先頭へ