Super Recycle Corp. 金属スクラップ買取のスクラップ価格ドットコム最新の市中金属スクラップ価格をタイムリーにお届け。スクラップ価格.com

査定/分析依頼 各種お問合せ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
法人企業様対象 創業80年/買取実績1万件以上 日本全国対応

金属スクラップ買取 豆知識

レアメタル
リチウムイオン電池の廃棄方法をご紹介
2018.12.21

リチウムイオン電池をご存知でしょうか?
これは主にスマホ用のバッテリーに使用されていて、発火事件も起こるなど扱い方によっては危険を伴うものです。
ですのでその廃棄についてもきちんと知識をもって行う必要があります。
そこで今回はリチウムイオン電池の廃棄方法をご紹介いたします。

電池は種類で分けられる

一口に電池と言ってもその種類は様々です。
日常生活でよく使用し、一度使い切ると充電できない乾電池、スマホ用電池のように何度も使用できるものもあります。
電池は一度しか使用できないものか継続して使用できるかで、分けることができます。
1度しか使用できないものを1次電池、何度も使用できるものを2次電池といいます。
廃棄の方法もこの2つで異なります。
1次電池の乾電池、コイン型リチウム1次電池は、基本的にお住まいの地域でゴミの日にすてていただいて問題ありません。
2次電池は家電量販店などにある回収ボックスに出すようにしましょう。

捨てるときの注意点

ショートに気をつける
自分では完全に使用したと思っていても、実はまだ電力を残していることがあります。
そんなときに電池のプラス、マイナスがなにかの金属にあたると電流が流れてしまう恐れがあります。
これはショートと言って、火事の原因にもなりかねません。
対応策としては電池の端子をテープなどで覆っておくことです。

モバイルバッテリーなどは自治体で処分できない
リチウムイオン電池の定番はモバイルバッテリーなどです。
しかしこれらは最近のニュースにも取り上げられるように、発火の可能性があります。
ですので一見小型で家庭ごみとして処分したくなりますが、きちんと家電量販店で回収してもらうようにしましょう。

リチウムイオン電池はリサイクル可能
資源有効利用促進法という法律があります。
この法律によってモバイルバッテリーなどのリチウムイオン電池を製造したメーカーがそれをリサイクルすることが義務付けられています。
先程から言っているように家電量販店や携帯キャリアのお店でも回収をしてくれるところがあります。

まとめ

今回は意外と知らないリチウムイオン電池の廃棄方法をご紹介いたしました。
モバイルバッテリーに使用されているリチウムイオン電池は私達の生活に密接なものです。
きちんと廃棄の方法を知り、万が一でも火事などの危険が起きないようにしましょう。
また最後にご紹介したリサイクルも参考にしてみてくださいね。
モバイルバッテリーであると新品状態、充電能力が十分などの条件を満たすと買取も可能になりますので、それが可能かどうかも捨てる前に確認しましょう。

スクラップ価格ドットコムの高価買取の理由

  • 高度な分析力で圧倒的な金属の回収率
    これが高価買取の大きな理由
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。
  • 買取から販売まで自社一貫体制
    中間コストをカットし買取価格に反映
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。

運営会社情報

運営会社名
代表取締役
新崎 哲雄
資本金
1,000万円
取引銀行
三井住友銀行 芦屋支店
商工中金 神戸支店
尼崎信用金庫 神戸東支店
営業種目
金属資源リサイクル業(兵庫県公安委員会:第1310800003号)
古物証許可(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
自動車商(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
毒劇物一般販売業(神戸市191TA1023号)
産業廃棄物収集運搬業
飲食店営業許可
酒類販売業許可
営業品目
金属リサイクルコンサルティング業
貴金属全般(金・銀・プラチナ その他貴金属類)販売買取業
非鉄金属全般(アルミ・銅・ステンレス・真鍮 鉛 錫 その他非鉄金属類)販売買取業
レアメタル全般(ニッケル・コバルト・チタン タングステン 超硬 その他レアメタル類)販売買取業
貴金属地金販売買取業
宝飾品・ジュエリー販売買取業
アンティークコイン販売買取業
アンティーク家具・雑貨輸入販売業
ビンテージオートバイ・ビンテージカー輸入販売業
歯科用貴金属材料買取業
毒劇物一般販売業
カフェ・レストラン・バー等の飲食店の経営
会社沿革
1940年代個人商店(新崎商店)として、新崎真悟が金属リサイクル事業を開始。
2002年新たにレアメタルの取り扱いを開始。現代表 新崎 哲雄が有限会社エスアールシーを設立。
2005年事業拡大に伴い、株式会社へ組織変更。
2007年新たに貴金属リサイクル事業・地金取り扱いを開始。貴金属事業部:神戸ゴールドバンク発足。
2010年超硬リサイクル事業部(超硬ドットコム)サービス開始。
2013年ニッケルコバルトリサイクル事業部(ニコニコメタル)サービス開始。
事業拡大のため、六甲アイランドに事業用地を取得。六甲アイランドベース開設。
2018年アンティーク家具・雑貨事業部(Kobe Antique Warehouse)サービス開始。
レアウイスキー、クラフトビール販売サービス開始。
2019年歯科金属リサイクル事業部(シカキン)サービス開始。
2021年本社を芦屋市公光町へ移転。春からビンテージウイスキー販売事業開始予定
アクセス
六甲アイランドベース(受け入れヤード)
〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-7-10
六甲アイランド工業団地北入口前
東京営業所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング4階 S-07
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
ページの先頭へ