Super Recycle Corp. 金属スクラップ買取のスクラップ価格ドットコム最新の市中金属スクラップ価格をタイムリーにお届け。スクラップ価格.com

査定/分析依頼 各種お問合せ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
法人企業様対象 創業80年/買取実績1万件以上 日本全国対応

金属スクラップ買取 豆知識

一般金属
真鍮と銅の見分け方をご存知ですか?2つの違いを説明します。
2018.9.4

自分の持っている金属製品が何でできているかわからない、という方はいらっしゃいませんか?

金属の名前は知っているものの、実際にどのような見た目をしているのか、どういった違いがあるのかということを把握されている方は少ないのではないでしょうか。

金属製品の売却の際や人への説明の際に、お持ちのものが何でできているかは知っておきたいですよね。
今回は真鍮と銅の違いと見分け方についてお伝えします。

真鍮とは

真鍮とは銅に亜鉛を混ぜた合金のことを指し、黄銅とも呼ばれます。

割合としては銅と亜鉛のうち、亜鉛の割合が20%以上のもののことを言います。亜鉛の割合が高いほど色が薄くなり、銅の割合が高くなるほど色が赤みを帯びてきます。

より詳細には亜鉛の割合によってさらに名前が分かれており、
C2600:七三黄銅と呼ばれ、銅と亜鉛の割合がおおよそ7:3のもの。 イエローブラスとも呼ばれる。
C2700:六四黄銅と呼ばれ、銅と亜鉛の割合がおおよそ6:4のもの。

などがあります。

一般的な真鍮は銅と亜鉛の比率が65%:35%のものです。

亜鉛の比率が高くなるほど固くなりますが、その分もろくなるため、製品の用途によってこの合金の割合が変わってきます。

真鍮は展延性に富み、冷間加工によって加工が施されます。

冷間加工とは、常温程度の温度でプレス機やハンマーなどを用いて行う加工で、加工後の硬化により強度が上がるというようなメリットがあります。

真鍮と銅の違い

まず大きな違いとして見た目の色が違います。
銅は10円玉、真鍮は5円玉をイメージすればわかりやすいかと思いますが、銅は赤みを帯びており、真鍮は黄金に近い色をしております。

酸化によって判断がしづらい場合は、研磨剤などで少し磨いてみてから判断されてみてはいかがでしょうか。

他にも、比重と硬さが違います。

比重においては銅のほうが真鍮より重く、銅が8.96、一般的な真鍮が8.45となっています。

硬さにおいては上述の通り、亜鉛の割合が大きいほど硬い、つまり亜鉛が含まれている真鍮のほうが亜鉛の含まれていない銅より硬いです。

今回は真鍮と銅の違いについてお伝えしました。

製品の用途によって銅と真鍮、また真鍮の中でも亜鉛の割合が使い分けられているのですね。

ご自分のお持ちの金属製品を見分けるポイントとして重要なのはその色です。

ブラスバンドのブラスの語源にもなった真鍮の色を思い出して判断してみてください。

スクラップ価格ドットコムの高価買取の理由

  • 高度な分析力で圧倒的な金属の回収率
    これが高価買取の大きな理由
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。
  • 買取から販売まで自社一貫体制
    中間コストをカットし買取価格に反映
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。

運営会社情報

運営会社名
代表取締役
新崎 哲雄
資本金
1,000万円
取引銀行
三井住友銀行 芦屋支店
商工中金 神戸支店
尼崎信用金庫 神戸東支店
営業種目
金属資源リサイクル業(兵庫県公安委員会:第1310800003号)
古物証許可(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
自動車商(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
毒劇物一般販売業(神戸市191TA1023号)
産業廃棄物収集運搬業
飲食店営業許可
酒類販売業許可
営業品目
金属リサイクルコンサルティング業
貴金属全般(金・銀・プラチナ その他貴金属類)販売買取業
非鉄金属全般(アルミ・銅・ステンレス・真鍮 鉛 錫 その他非鉄金属類)販売買取業
レアメタル全般(ニッケル・コバルト・チタン タングステン 超硬 その他レアメタル類)販売買取業
貴金属地金販売買取業
宝飾品・ジュエリー販売買取業
アンティークコイン販売買取業
アンティーク家具・雑貨輸入販売業
ビンテージオートバイ・ビンテージカー輸入販売業
歯科用貴金属材料買取業
毒劇物一般販売業
カフェ・レストラン・バー等の飲食店の経営
会社沿革
1940年代個人商店(新崎商店)として、新崎真悟が金属リサイクル事業を開始。
2002年新たにレアメタルの取り扱いを開始。現代表 新崎 哲雄が有限会社エスアールシーを設立。
2005年事業拡大に伴い、株式会社へ組織変更。
2007年新たに貴金属リサイクル事業・地金取り扱いを開始。貴金属事業部:神戸ゴールドバンク発足。
2010年超硬リサイクル事業部(超硬ドットコム)サービス開始。
2013年ニッケルコバルトリサイクル事業部(ニコニコメタル)サービス開始。
事業拡大のため、六甲アイランドに事業用地を取得。六甲アイランドベース開設。
2018年アンティーク家具・雑貨事業部(Kobe Antique Warehouse)サービス開始。
レアウイスキー、クラフトビール販売サービス開始。
2019年歯科金属リサイクル事業部(シカキン)サービス開始。
2021年本社を芦屋市公光町へ移転。春からビンテージウイスキー販売事業開始予定
アクセス
六甲アイランドベース(受け入れヤード)
〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-7-10
六甲アイランド工業団地北入口前
東京営業所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング4階 S-07
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
東京営業所03-6870-7894
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
ページの先頭へ