Super Recycle Corp. 金属スクラップ買取のスクラップ価格ドットコム最新の市中金属スクラップ価格をタイムリーにお届け。スクラップ価格.com

査定/分析依頼 各種お問合せ
神戸工場0797-78-6070
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
法人企業様対象 創業80年/買取実績1万件以上 日本全国対応

金属スクラップ買取 豆知識

一般金属
熱によるステンレス板の反り防止
2018.11.3

「『ステンレス』ってよく聞くけど、実際何に使われているのかあまり知らない・・・」
「『ステンレス板』は使いやすいと聞くけれど、短所はないの?」

そのように思っている方はいらっしゃいませんか?
ステンレスは多くの長所を持ち大変使い勝手のよい素材ですが、熱によって反りが生じてしまうことがあります。
どのようにすればこの反りは防げるのでしょうか?
今回は、熱によって『ステンレス板』に生じる反りを防ぐ方法についてご紹介します。

『ステンレス』とは?

『ステンレス』という素材は、私たちの生活のいたるところで活躍しています。

お宅にあるお鍋もステンレス製であることが多いでしょう。
お風呂の浴槽や洗濯機のドラムもステンレスでできています。
電車の車両も、大きなドームの屋根も、高架裏の吸音板に至るまでもステンレスが使用されています。

このように、幅広い用途でステンレスが使われている理由は高い耐食性が評価されているためです。
英語で『stainless』とは、『錆びない』という意味であることからも分かるように、ステンレスは非常にさびにくい金属となっています。
さらに熱にも強く、加工しやすいので、とても使いやすい素材なのです。

『ステンレス板』の問題点

ステンレスはとてもさびにくく使いやすい素材であるとご紹介しましたが、ステンレスには欠点もあります。
ステンレスという素材は、実は熱伝導率があまりよくないのです。

そのため高温に熱されると、熱が一部に集中して溜まり、反り返ってしまうことがあります。

特に、溶接の際に薄めの『ステンレス板』が変形してしまうというケースが多いようです。

どうすればこの問題を解決することができるのでしょうか。

*回数を分けて溶接する
溶接の際に板が反り返ってしまう場合は、一度にたくさんの熱を加えて溶接するのではなく、何度かに分けて溶接をしてみてはいかがでしょうか。

時間と手間はかかりますが、板が反り返って材料をロスするというリスクを抑えることができます。

溶接後のフォロー
溶接の最中ではなく、溶接後に変形がみられる場合は、溶接後に熱を取り除くように工夫しましょう。

溶接の順番を変えてみる
薄いステンレス板を溶接する場合は特に、板の中心から外側に向けて溶接していくと、熱が中央にたまりにくくなるのでおすすめです。

逆の変形を作っておく
溶接の際に、どうしてもステンレス板が変形してしまう場合、その変形を見越して溶接前の板をあらかじめ逆方向に変形させておくという方法もあります。

まとめ

今回は、『ステンレス板』の反りを防ぐ方法についてご紹介しました。

ステンレス板はとても便利な素材ですが、熱伝導率が悪いという問題点もあります。

しかし、ステンレス板が熱によって変形してしまうのは性質上仕方のないことです。
様々な工夫をして、板の変形を防ぐことが大切です。

スクラップ価格ドットコムの高価買取の理由

  • 高度な分析力で圧倒的な金属の回収率
    これが高価買取の大きな理由
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。
  • 買取から販売まで自社一貫体制
    中間コストをカットし買取価格に反映
    例え「買取単価」が高くても、抽出した金属の量が少なければ買取価格は低くなります。自社工場の最新機器を使用し、精練分析・精製分析によって高い回収率を実現しています。

運営会社情報

運営会社名
代表取締役
新崎 哲雄
資本金
1,000万円
取引銀行
三井住友銀行 芦屋支店
商工中金 神戸支店
尼崎信用金庫 神戸東支店
営業種目
金属資源リサイクル業(兵庫県公安委員会:第1310800003号)
古物証許可(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
自動車商(兵庫県公安委員会:第63110100041号)
毒劇物一般販売業(神戸市191TA1023号)
産業廃棄物収集運搬業
飲食店営業許可
酒類販売業許可
営業品目
金属リサイクルコンサルティング業
貴金属全般(金・銀・プラチナ その他貴金属類)販売買取業
非鉄金属全般(アルミ・銅・ステンレス・真鍮 鉛 錫 その他非鉄金属類)販売買取業
レアメタル全般(ニッケル・コバルト・チタン タングステン 超硬 その他レアメタル類)販売買取業
貴金属地金販売買取業
宝飾品・ジュエリー販売買取業
アンティークコイン販売買取業
アンティーク家具・雑貨輸入販売業
ビンテージオートバイ・ビンテージカー輸入販売業
歯科用貴金属材料買取業
毒劇物一般販売業
カフェ・レストラン・バー等の飲食店の経営
会社沿革
1940年代個人商店(新崎商店)として、新崎真悟が金属リサイクル事業を開始。
2002年新たにレアメタルの取り扱いを開始。現代表 新崎 哲雄が有限会社エスアールシーを設立。
2005年事業拡大に伴い、株式会社へ組織変更。
2007年新たに貴金属リサイクル事業・地金取り扱いを開始。貴金属事業部:神戸ゴールドバンク発足。
2010年超硬リサイクル事業部(超硬ドットコム)サービス開始。
2013年ニッケルコバルトリサイクル事業部(ニコニコメタル)サービス開始。
事業拡大のため、六甲アイランドに事業用地を取得。六甲アイランドベース開設。
2018年アンティーク家具・雑貨事業部(Kobe Antique Warehouse)サービス開始。
レアウイスキー、クラフトビール販売サービス開始。
2019年歯科金属リサイクル事業部(シカキン)サービス開始。
2021年本社を芦屋市公光町へ移転。春からビンテージウイスキー販売事業開始予定
アクセス
六甲アイランドベース(受け入れヤード)
〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-7-10
六甲アイランド工業団地北入口前
東京営業所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング4階 S-07
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
お電話でのお問合わせ
神戸工場0797-78-6070
電話受付時間:平日午前9時~17時(全国対応)
ページの先頭へ